So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

格安SIM iPhone [格安sim iphone]

格安SIMですが、iPhoneでも使えます。

ただしSIMフリー、シムロックの解除されたiPhone端末が必要です。そうすることで、キャリアでも格安SIMでも使用することが出来ます。

またキャリアでもdocomo、auだとSIM解除が不要で格安SIMが使える可能性があります。同じ回線を使用している業者だとそのまま使える可能性があるのです。SoftBankは・・・現状SIM解除が必要とのこと。


シムフリーのiPhoneを手に入れるには、キャリアではなくAppleから直接購入すると楽かと思います。が、キャリアの割引サービスは受けることが出来ませんので、ほぼほぼ端末の定価が必要になるはずですね。


その格安SIMがiPhoneで使えるのかどうかは、業者のページで提示してあリますので購入前にそちらを御覧ください。


タグ:iPhone 格安SIM

格安SIM 速度 [格安sim 速度]

インターネットのサービスを利用する時に必ず気になるポイントが「通信速度」だと思います。

ストレスに直結するファクターですよね。動画ならまだしもサイトを見るのにワンテンポ、ツーテンポ遅れるようだと・・・。


格安SIMといわれるSIMカードの通信速度ですが、大手キャリアと同様なスピードだと言われています。MVNOごとに微妙にMAXは上下しているのですが、公式サイトにあるスペックで確認ができます。

が、そのような数値は実際には関係ありません。通信サービスあるあるの「ベストエフォート方式」、この仕組である限りMAXは夢の数値ということで現実はそれよりも下の数値、速度で使用することになります。

みんなで分け合う、というわけで、使用者が多い時間帯はどうしても繋がりにくくはなります。そこだけは、変わらず諦めないといけません。



定期的に各業者の実測値を公開しているサイトもあります。ですが、それを見た人が高結果のSIMカードに流れれば、今度はそちらが過多になるはずで、順位も変動すると予想します。

あんまり気にしすぎるのも良くないと思いますね。対応エリア内かということは重要かと思いますが。


また通信速度を低くおさえ、俗に言う「3G」回線でつなぎ放題といったサービスをしているMVNOもあります。

LTEと比べたら相当遅いわけですが、値段もかなり安いです。逆に気にしないって方はこちらのサービスを選んでみるのも手ですね。



格安SIM au [格安sim au]

格安SIMサービスをしている業者は、インフラを大手通信業者から借りることで、経費を節約し手頃な価格のサービスを提供しています。

小売の安売り店と同じく、大量に仕入れて個別に売るというイメージと同じですね。


調べてみたところ、ほとんどのところが「ドコモ」の回線を使っていることがわかります。おそらくなんらかの理由があるからだと思います。

間借りするのがやすいのでしょうか、それともエリアの大きさが魅力ということなのでしょうか。

いずれにせよ多くの利用者がいるというのはそれはそれで問題がおきそうな気もします。



数は少ないですが、auの回線を使っているところもあります。

上のような心配が気になったり、現在auを使用していて乗り換えを考えている方は、そういった業者を選んでみるのも良いかもしれません。



最後に逆のことを言いますが、利益を使って設備は増強されるはずので、どちらが良いか、というのは考えるべきポイントかと思います。



タグ:docomo au 格安SIM

格安SIM 通話 [格安sim 通話]

格安SIMのカードの種類は大きく分けると3種類あります。

それは以下の3つです。

・通話機能付き
・SMS(ショートメッセージサービス)付き
・データ通信専用

MVNO業者ごとのプラン名は異なりますが、中身はこれらになります。

価格は通話SIMが高く、データ通信専用が安くなります。これは含まれるサービスに関係し、通話SIMとは「通話+SMS+データ通信」という意味のためです。データ通信専用は名前の通り、データ通信だけしかできません。SMSは「データ通信+SMS」です。

スマホでしたら通話は迷うところかもしれませんが、タブレットでしたら不要な機能。データ通信のみで十分な方が多いはずです。


さて通話をするためには通常は通話付きのSIMカードを用意することになるのですが、最近はそれなしで通話が出来るようになりました。LINEのような通話アプリを使用するのです。それを使うことにしておけば、通話機能はいらなく節約が可能になります。

それに限らず格安SIMの業者で専用の通話アプリを用意しているところもあります。通常の通話料よりも安く通話ができるのが普通ですね。


このように携帯で通話は当たり前の時代から変化し、ユーザーによって選ぶ時代になってきました。もしかしたら、今後もっとお得なプランや方法、サービスが出てくるのかもしれませんよ。


格安SIM line [格安sim line]

格安SIMを使用することで節約するためにまず考えたいのが「通話の有無」だと思います。

いくつかSIMカードの種類がありますが、通話付きや通話のオプションを付けると価格が上がることになります。また今は大分変わってはきていますが、単純に携帯電話で通話をすると値段がかかる傾向にあります。

そのため通話をするかしないかは、わかりやすい目安になります。


ここでこれまた最近スマホでよく利用されているのが「通話アプリ」。代表的なのがLINEだと思います。

このアプリを通話機能の代わりに使うことで大幅にコストをカットすることが出来るのです。


LINEを使う注意点


注意点ですが、通話アプリがあるからといって、「データ通信専用」のSIMカードを契約してはいけません。

それはLINEの初期設定などで使われる認証作業が不可能なためです。すでにお使いの方は記憶にあるかもしれませんが、認証にはSMSというショートメッセージが必要になりますので、それを含んだカード、もしくはオプションが必要になります。

これがないと通話しようにもできませんので十分に注意をしましょう。


前の5件 | -
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。